トランプ

色で占う

占いの中でも、よく使われる要素として、色があります。色にはそれぞれ暗示する意味があるので、全色の意味を知っておくだけでも、ちょっとした占いができてしまうほどです。このページでは、代表的な色の意味や占い方を紹介します。

占い師

方位で運勢を

吉方位や凶方位という言葉は占いで使われることがよくあります。人によって、吉方位や凶方位はそれぞれ異なるので、占いでは色と同じように1つの要素として使われています。

占い師2

動物で占う

今から、15年以上前、動物に人を例えた占いが大流行しました。この占いは誰でも簡単に始めることができ、親しみやすいものだったので、大流行をしたのですが、今でも動物占いを専門としている占い師はたくさんいます。

占いを学ぶには

おみくじ

占いは独学で学ぶ方法と、師匠の元で学ぶ方法です。
師匠に占いを押してもらうと聞くと、先生に付きっきりで勉強するというイメージを持っている人が多いでしょう。
しかし、それは違い、インターネットや、学校のような施設で占いを勉強することもできるのです。
占い学校では、初級から上級まで自分の知識や技術によって、どのコースで学びたいのか決めることができます。
そのため、自分に合わせた占いを習うことができ、プロとしてデビューすることも不可能ではありません。
もちろん、趣味として占い学校に通う人も多いので、人それぞれ占いを楽しむことができるようになっています。

占いにもたくさんの種類がありますが、両親からプレゼントされた名前で占いをする方法はとても有名です。
名前には、一文字ごとに意味が込められており、それが合わさることで、占いをすることができるのです。
また、子どもに名前を付けるときは、その意味だけでなく、画数に注意している人もたくさんいます。
これも、名前で占う時に重要な判断材料となるので、日本ではこの占いがとても人気です。

占いで、もっともオーソドックスなものが、星占いです。
地域や、時代によって星占いの種類も変化しており、深く探ると新たな発見があり、とても楽しい占いなのです。
その中でも、九星気学と呼ばれる占いは、星だけでなく、名前や干支を組み合わせて占いをします。
九星気学は元々中国で行なわれていたもので、数字や星の漢字をあわせることで結果を出します。
占いの中でも特に古い歴史を持っているのが、九星気学占いであり、大昔から大事な運命を見定めてきました。